当社の技術

当社の技術内容

アルミ合金

概要

1個の複雑形状の試作品加工から中量産の加工までを手掛け、 アルミ合金は基よりステンレス合金・チタン合金などの難削材や、 加工が難しい鋳物素材の異形状加工も多く手掛けきました。 これからも市場の多様なニーズに迅速に対応できるよう、 品質管理・納期・価格面に対し社員が一丸となって取り組み、 お客様に満足いただけるよう努力してまいります。


アルミ鋳物合金

異形状加工

加工が難しい鋳物素材の異形状加工にも対応しております。
1チャック一体加工により、省力加工し高精度を可能にします。


析出耐熱合金

難削材も対応

アルミ合金は基よりステンレス合金・チタン合金などの難削材も手掛けております。


技術の紹介

マニシング加工

マニシング加工

光学機器部品です
材質は鋳物
3軸の穴精度が基準面に対し光軸で10ミクロン以内が必要


旋盤加工

旋盤加工

半導体関連の高機能部品 材質はアルミ6063材 外形 425mm*内径110mm*厚さ50mm 裏平面度 2ミクロン以内、軸内径と裏平面の直角度2ミクロン以内 裏平面と表最大径平面部の平行度10ミクロン


CNC複合旋盤

加工技術

どちらの製品も厳しい精度を要求されている光学機器・半導体装置関連の機関部品です。 この精度の製品を1チャックで加工し量産にも十分対応できる技術を 醸成しております。



ページの先頭に戻る